無料ブログはココログ

« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »

2019年3月の投稿

2019年3月31日 (日)

アカンダナ山

アカンダナ駐車場からアカンダナ山へ
前日に高山Mさんからアガンダナ駐車場から焼岳に行こうと連絡があり是非ともと参加希望する。自宅から車で向かうと雨で時折激しく降ってくる。気持ちが折れる。平湯に着く頃には雪に変わりも雪の少なさに少し残念。それでも準備を済ませスタート。シュートカットで安房道路交差まで少しの笹藪等あったけ雪は繋がってる。

1_4
安房道路にでると降雪があり良い感じ
2_4
安房平からもう一回安房道路交差を目指して進む。予想外か想定内か、パウダーをプチラッセル
3_4
安房道路から焼山を目指す予定をここでキャンセルしてアカンダナ山に変更する。
4_3
取り付くと雪は深くなる。今日も終始、Mさんが1番。
5_3
一瞬青空が現る。これでお終い。
6_2
山頂手前の小ピークから
7_1
天候などの問題でここでリターン決定
0_3  
さぁ~帰ろう。
滑走は凄く気持ちよく久しぶりに上物の粉を楽しめた。楽しくて写真撮ることを忘れたけど、、、
8_1
帰りは速い。安房平をルンルンハイク

駐車場に着くと車に10センチ以上雪が積もってた。帰路ラッセル車が活躍していて季節が逆走してる。

2019年3月27日 (水)

昼闇山、もう一回

今日は山頂を踏んだ。

1_3
林道終点付近から 夜明けのスキャット
2_3
途中、烏帽子方面が赤くなる。今日は晴れそう。
3_3
昼闇谷&昼闇山
4_2
4日前にリターンした場所から山頂を眺める。
5_2
スタートした焼山温泉が見える。
6_1
鉢山か?
7
尾根を暫く進むと山頂が近くなる。厳しそう。
8
そんな厳しい中、岳樺が力強く生きてる。
9
カチコチで厳しい登りだけど力強く慎重に1歩1歩進む。
10
何とか尾根に乗っかり、、、もう少し
11
雪庇の隙間から昼闇谷を眺める。
12
山頂に近づくと焼山のお出迎え
13
山頂から焼&火打
14
少し戻り滑り出し地点を探す。
15
滑りだした谷 カチコチコッチン 
16
ここまでは、なんとか降りたが、この先で少し滑落してポール1本落として回収する事になる。
怪我無く、紛失物なく、良しです。
0    
その後は、のんびり滑る。
17
快適、快適
18
無事下山 昨日、納車日で本日は初山出勤。大事に乗ろう。

2019年3月23日 (土)

昼闇山 DF

焼山温泉から昼闇山へ
ガスに負けて山頂に辿り着けなく残念賞
1_2
谷から這い上がり尾根に取り付き
2_2
山頂を目指すも
3_2
視界悪し、けど奇麗
4_1
振り向くと下は明るい
51600
1600M 山頂への稜線に乗っかりリターン決定、また今度。。。

2019年3月20日 (水)

金剛堂山

大長谷温泉から金剛堂山へ
大長谷からは初登頂
2
山頂に着くと、祠がひょっこり現る
1
国道まで降りたら小白木→白木→仁王へと進むか?
3
降りたら疲れた。国道スキーで温泉直行に変更

2019年3月19日 (火)

極楽坂山

極楽坂スキー場から極楽坂山へ
1_1
感動少なめの山頂
2_1
大日を眺め
3_1
帰ろう
4
バイバイ
5_1
滑りにくい
6
途中、毛勝がカッコいい。


2019年3月18日 (月)

瀬戸蔵山

らいちょうバレースキー場から瀬戸蔵山へ

1
ゲレンデ上部 放射冷却で冷える
2 
山に入るとブナに癒される
3
のんびり行こう
4 
ウサギのトレースに導かれ山頂へ
5
弥陀ヶ原、雄山方面を眺めながら朝食を頂く
6 
滑走モードに準備してもう一回雄山を眺めて、
7
さぁ~帰ろう
8 
山もゲレンデも貸し切り スキー場は昨日で営業終了

2019年3月15日 (金)

鍬崎山

粟巣野スキー場から鍬崎山へ
朝、小雪が舞ってる。大品山辺りで雪は止み、太陽光が真冬に戻った雪山を美しく照らす。
大品山までトレースいっぱいあり。その先は無し、貸し切りでした。。。
1
白に再塗装されて奇麗
2
弥陀ヶ原も真っ白
3 
ブナの門にも着雪
4
鎖場手前の着雪岳カバ 向こうに目指す鍬崎山
5 
今日は初めて巻いてみる。安定してる方なのかな?
6
巻いて出てくる立山連峰
7 
まだ遠い
8
冷える景色
9 
芸術品
10
あと少し
11 
山頂地着く頃になり景色がボヤケル
12
有峰湖
13 
風が強いから帰ろう
14
たまにガリ君がいるけど概ね快適
15 
バイバイ
1_2
下は明るい
粟巣野スキー場は休み。明日は営業なのか準備してる。圧雪車も動いてる。

2019年3月12日 (火)

小白木峰

大長谷から小白木峰へ

白木峰はトレースでズタズタかと思い小白木峰を目指す。こちらも途中からツボ足でズタズタでした(´;ω;`)
1
国道の橋を渡り雪の繋がている場所を探す。
2
ココから山へ入る。クトーもココで装着。
3
ココだけ枯葉の上をスキーで歩く。
4
途中で立派なトレースに遭遇。
5
横にも広がりズタズタ。
6
山頂直下は白に再コーティングされ奇麗。
7
雲海も広がる。
8
山頂へ
9
もうチョイ。
10
暖冬でも雪景色
11
ブラインド
12
到着。白木峰かぁ~。今日は勘弁してやる。今度また頂を踏むからなッ。。。
13
金剛堂山
14
遠くに白山かな?
15
少し風があり寒い。帰ろう。
16
バーンはもちろんカチコチコッチン。
17
下部で登りのトレースを外したらこんな所から国道へ出る。
18
お陰様で
19
雪切れ道をスキーで歩く事になる。
21
終了。
後は大長谷温泉へドボン。受付の女性は可愛い方だった。いつも可愛いかぁ。。。

2019年3月10日 (日)

僧ヶ岳

片貝別又発電所から
高山Mさん企画で別又から僧ヶ岳へ。
雪不足の為、発電所導水管脇の階段を登るが、これが辛い。天国まで続いてるかと思うくらい長い。登りきると雪は繋がる。今日もいい天気で、Mさんの山友、Gさんも参加して3人で楽しい山を味わえた。

1_4 
今日もMさんは元気。体調良くないと言ってたけど嘘のよう。
2_2
Gさんも元気。山スキーは今シーズンからだそう。ガンバ"!
3_2 
この木はどうなってる?
4_2
厳しそう。
55 
今日も僕は最後尾で、、、
5_2
Mさんシールに団子、、、辛そう。
6_2 
成谷山手前
7_2
成谷山から、何やら説明中。
8_2
今日も360度奇麗な景色を堪能。
9_2 
ココからもう少しが長い。
11_2
山頂、到着。
12_2 
団子に苦しんだMさんが、一等賞。
13_2
3等賞(笑)
14_2 
さぁ~帰ろう
15_2
バイバイ僧ヶ岳 また今度なッ!
16 
ココの下りが一番怖い。

2日連続で同じ山の頂を踏む。達成感倍増。

2019年3月 9日 (土)

僧ヶ岳

宇奈月温泉スキー場から

スキー場は営業終了している。雪はスキー場までの林道で一か所切れてるだけで辛うじてつながっている。スキー場からは雪切れ無しで概ね快適に登れる。

1_2
平和の像から暫く行くと温泉街の明かりが見える。下山したら風呂入ろう。
2
林道から尾根に取り付く
3
薄っぺらい雪の尾根もある。
4
標高が上がると雪量も多くなり快適に登れる。
5
雪庇
6
結構厳しい所もある。
7
概ねルンルン気分で登る。
8
どこを向いても奇麗だ。
9
飛行機、上から見ても奇麗なんだろうな。
10
日本海が近い。
11
山頂が近い。風が強くなる。
12
駒ヶ岳。今日は行かない、また今度。
13
山頂から
14
途中、風対策を施して良かった。じゃないと凍傷になってたかもね(笑)
15
さぁ~帰ろう。

下山は4時ごろになり風呂は止める。。。また今度ねッ。。。

2019年3月 5日 (火)

高松山

糸魚川・笹倉温泉から高松山へ
自宅から車で出発すると途中雨が降ってくる。笹倉温泉からスキーで出発すると途中小雪が降ったりホワイトアウトだったり、、、凹むわい。
ところが山頂までもう少しの所でガスが抜け最高の天気になる。来て良かった!

0

5時頃笹倉温泉から登り始める
1
夜明けのスキャット
2 
1つのトレースがある。何時にスタートしたんだろう。早いな。今日は晴れると思ったけどガスで視界悪い。
4
アマナ平に上がっても視界悪い。先行トレースとはここでお別れ。高松山は孤独な旅となる。
5
青空が見えてくる。いいぞ!
6 
高松山へ取り付くとまたホワイト、凹む。
7
また、青空、白樺青空~♪
8
また、ホワイトアウト。足元に見える何か分からないが獣のトレースに山頂まで案内してもらいましょう。
9 
おッ、微かに見えるのは焼山か?
10
ピンポン
11 
高松山ピークが見える。
12
急に視界が開けると、より一層美しい。
13 
こいつの足跡を辿ればピークに立てるはず。
14
山頂直下は結構、急斜で厳しい。
15 
鳥が雄大な景色の中、優雅に舞う。
16
今日はピークまでスキーで辿り着けた。
17 
自撮りに挑戦。焼山が曲がってるのか僕が曲がってるのか?
18
火打方面の雄大な景色
19 
山頂から焼山をもう一回
20
一の倉川を滑ろうとも考えたが、今日は何回か雪崩の音を聞いたから怖いから止めた。
21 
来た道で帰ろう。一発目のターンで雪崩れる。慎重に行こう。
22
後は快適
23 
白いキャンパスにフリーハンド?レッグ?
24
まだまだ続く
25
バイバイ
26 
高松君、また今度ねッ。
27
林道まで降りると暑い。
28 
終了。後は笹倉御温泉へドボン。大マンゾク。毎日、好きな事をして過ごしたいのだが、、、

おまけ
29
出発時に手袋をしようとしたら両方右でした(^-^;

2019年3月 2日 (土)

大日岳(人津谷)

先週は天気が悪くホワイトな山だったけど、今日は最高の良い天気でブルーな山です。

準備を済ませ出発しようとすると自転車後輪がパンクしてる。ブルーな気分で徒歩でスタート、、、

1
1500mから前大日への稜線は白にコーティングされた山肌、澄んだ空気、ブルーな空、そして雨氷が上手く絡んで気分よろしくハイクできる。
2
振返ると鍬崎山が雨氷越しに見える。
3
前大日へ進もう。
4
前大日に着くと目指すピークが見える。
5
早乙女への登りでクトーを着ける。
6
岳樺 上はどっち?
7
早乙女に着くと剱岳が見える。
8
雪庇が顔みたい。
9
自然の彫刻 遠くに白山
10
違う顔
11
天国へ最後の登り
12
大きな剱が見える。ガンバ!
13
もうちょい、クトーがサクサク鳴る。
14
到着
15
大日小屋は除雪しなくて入れそう。よく見るとトレースがある。
16
弥陀ヶ原、薬師方面
17
もう一回、剱岳
18
さぁ~帰ろう>>>
19
雪庇を避けながら滑る。
20
カチコチコッチンやモナカもあったけど楽しい!
21
スキー終了 後は歩いて藤橋まで
22
除雪は何処まで進んでるのかな?

« 2019年2月 | トップページ | 2019年4月 »