無料ブログはココログ

« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »

2019年2月の投稿

2019年2月25日 (月)

馬瀬川温泉

一泊で美輝の里・ホテル美輝

2019年2月24日 (日)

三方岩岳

高山Mさんに誘われて三方岩岳へ
1_3
今日もMさんはガンガン行く
20
自分も後を追う
2 
標高が上がると野谷方面が奇麗
3
ピークまでもう少し、ガンバ
4_2 
良い感じ
5_2
今日一番の斜面 帰りの滑りは楽しかった
6_2
どこから登るベー
7_2
巻く
8_2
際どい
9_2 
モット際どい
10
恐怖から解放され
21
ピーク到着
11 
天国です
12
滑走
1551049174121
時々ガリでビビる
22
滑って振り返って
23
ご褒美斜面
13 
登り返してシール剥がし
14
まだまだ落ちます
昼前に無事下山
Mさんと別れ温泉へ 今日は五箇山山荘 極楽極楽

2019年2月23日 (土)

人津谷

称名道路の除雪が始まると人津谷が気になる。

偵察がてら行って、あわよくば大日岳までと気合いを入れて藤橋から自転車に乗っかると、ガーン  スマホ忘れ、なんかあったら困るから自宅に戻り再スタート。
文登研迄は無風で雲空、そこから上は雪、1500からホワイトアウト、前大日へも届かなく帰ろう、となる(泣)
文登研の積雪は3メーター、1000から谷は埋まってる。ツボ足沢渡り登りで一回、板着けて沢渡り計三回。今が旬かもねッ。
藤橋から自転車で出発。1年ぶりに乗ったのと代車が小さく折り畳みのタイヤの小さいサイズの物しか乗らなくて、、、
1
ここまで必死に漕いでもう疲れた。
人津谷下部は雪は少ないが2年前に行った時よりマシかな。
1_2
雪切れもあったが板のまま渡りシールを濡らさなくて良かった。
31000
1000M付近から谷は埋まってた。
4
上部
5
文登研
6
積雪3m
7
立派な木 この辺りまで視界はあったが、、、
8
1500M付近で視界が無くなり、、、帰ろうとなる。
9
下界は明るい。また行こう。

2019年2月21日 (木)

金剛堂山

スノーバレー利賀から金剛堂山へ

1
スタート シール効く、登りやすい
2
ブナ&杉林
3
標高が上がるにつれガスが濃くなる
4
上部は真冬、手先が痛いから思わずカイロを手袋へ入れる
5
栃谷登山口
6
モノトーンの世界は心が洗われる
7
山頂 風が殆ど無いから何時ものラーメンタイム付休憩
8
帰りは登り返し地点まで視界が悪い 雪面はモナカ時々ガリ君
9
片折から先は明るくなる
10
ガリ君がいなくなり滑りやすい
11
快適
12
ブナ&杉林まで降りるとゴールはもうすぐ
13
終了 代車は小さいが道具と運転手はちゃんと乗る
後は天竺温泉へドボン 貸し切りでまったり出来て、今日もマンゾク。

2019年2月17日 (日)

赤祖父、扇、大寺山

OMサンタの森から雪の里山三山縦走
暫く代車を乗る事となり、四駆じゃないから雪道が心配なので今日も近くて安全な行先と思いここに決める。

1_2
林道を行くと扇山が見える。そのまんまな山名
2_2
林道を黙々と登るのも良い。
3_2
扇山からココに降りるか?と考え中。結果ココにしなかった。
3_3
林道終点から赤祖父へ向かい稜線に出る。のんびりハイキング。
4_2
誰も入っていない山の雪面に足跡を残す。
5_2
赤祖父~扇 散居村が良く見える。ブナも素晴らしい。
6_2
白黒、無音、無臭
7_2
扇の山頂でランチ
8_2
腹も心も満タン
9_2
さて何処を滑るベー?
10_2
滑った谷
11
最初は良い感じだった
12
だんだん狭くなり
13
朝付けた自分のトレースが見えたところで沢、、、ブリッジ無いからジャブジャブ
14
後は林道を下り、最後の大寺山へ登る。ココまでは山を独り占め
15
大寺山 山名看板が見当たらない。今日は三山とも看板を見ない。
16
山頂から少し戻って
17
こちらのピークからOMサンタの森スキー場までラストラン。楽しい、マンゾク。

2019年2月16日 (土)

万波山

宮川町桑野から万波山へ
今日で愛車のセレナとお別れなので何処かに出かけなくては、、、車検見積40万では整備不良だから高速と長距離はしたくないので比較的近い宮川する。

1
林道を暫く行くと、、、ナニコレ
2
ツララ 子供の頃、家の軒下によくあったな。
3
林道終点から山に入って暫く行くとアーチでお出迎え
4
晴れてくる
5
白樺が現れるとホワイトアウト 千昌夫の歌では青空なんだけど
6
ブナ尾根をのんびりハイク
7
尾根が広くて良いところ
8
山頂近くのシンボルツリー
9
終点 三角点はもうチョイ向こうだけどココがよろしい
10
さぁ~帰ろう
下山後、おんり~湯で温まる。

2019年2月14日 (木)

牛岳

山田鍋谷から牛岳へ

とりあえず牛嶽トンネルを目指す。
1
途中、四十ヶ滝が見える。
2
トンネルに着くと雪付OK。帰りはココを目指そう。
3 
少し戻って登りやすい伐採地帯から登ろう。
4
今冬一番の里山冬景色かも
5 
良い感じ
5_2
山頂神社へのアプローチにプチ雪庇
6 
到着
7
参拝を済ませ、昼食を頂く。
8 
さぁ~帰ろう。
9
この斜面を滑り込むと牛嶽トンネルへ行く。
10 
楽しい。
11
途中、調子に乗って左の谷筋に入り2回カニ歩きをしたがトンネルにたどり着いた。
12 
鍋谷へ到着。
13年145000km走ったセレナ君を車検に出したら見積金額が40万、、、乗換に変更
お世話になりました。

2019年2月11日 (月)

洞山

R41道の駅林林から洞山

ツボ足トレースをお借りして山頂まで辿り着く
1_2
山頂 風が強いが昨日の乗鞍と比べると可愛いもんだ(笑)2_2
行動中、ずっと曇ってた。降りたら明るかったけど、、、

2019年2月10日 (日)

乗鞍岳

高山のMさんに誘われて、乗鞍高原スキー場休憩村駐車場から剣ヶ峰

小雪が舞う極寒のなかスタートしたが登ると止み青空が現る。しかし標高を上げると風が強くなり寒さも増す。自分の経験中、最も爆風で山頂への最後のアプローチは飛ばされそうになりながら何とかピークを踏めた。毎々Mさん引っ張って貰い、、、そうでないと踏めなかった。嫌になっても頑張れた。感謝。

極寒で雪の舞う中スタート
1
夜明けると雪も止んで良い感じ。
2
栄養補給。Mさんは餅が美味いと言ってた。
3
見えてきた。クトー着
4
振り返って
5
追いつかない。
6
どんどん離れる。爆風で辛い。地獄
7
ここだけ無風。天国
8
雪面が奇麗。乾雪
9
ヘロヘロで山頂へ。御嶽が近い。
9_2
Mさんに相当山頂で待たせてしまったm(__)m。。。お陰様でピークを踏む事が出来た。感激!
10
ピークからはカチコチコッチン滑りと岩歩き(滑るモードでの岩歩きは初めて、良い体験だった)
11
後は広大なバーンが待っててくれる。マンゾク。

2019年2月 9日 (土)

赤谷の頭df

蓬沢からアンリの頂上を予定してたけど、雪が少ないから伊折から赤谷の頭に変更。結局こっちも林道アルバイトして山に入って藪に負けて即、敗退決定。嫌になったら帰ろう、、、は治らない。。 。なぁ~

2019年2月 6日 (水)

温泉と城

昨日新潟県東蒲原郡阿賀町鹿瀬にある 和みのリゾート ホテル角神 で一泊して温泉と料理そしてお酒を楽しみ、今日は会津若松城“鶴ヶ城”を観る。
1549494020256_2
宿
5
部屋
1
7,8年前までスキー場も運営していたそう。宿の前にゲレンデがある。スキーを持ってくれば良かった(笑)
1549493980545_2
温泉宿の食事は美味い
Dsc_0518
朝食も美味し、ご飯三膳
3
鶴ヶ城
4
磐梯山
山友のMさんは、毎月槍のピークを踏むと決め実行中。凄いな。自分は毎月天守閣のピークを踏もうかな。

2019年2月 3日 (日)

東漆山岳

R41漆山バス停から東漆山岳へ
無名峰だけど何方かが、そんな山名を、、、名付けたよう。

1_2
この山も倒木が多い。
2_3
振返ると向こうの山が真っ白。
3_2
トウセンボ
4_2
山頂を目指して
5_2
今日もガンバ!ります。。。
6_2
ピーク着
7_2
山頂のマーキングテープには昨年登られた山岳会かな、、、名前が記してある。
8_2
ランチタイム。最高のレストラン、最高のシート。
9_2
さぁ~、帰ろう。尾根が広く、ツリーランには適してると思う。
11_2
先週、登った漆山岳を眺めながらの滑走。

下山後、今日も割石温泉で温まる。ここ5日間で3日もここで入浴。身も心も清めれれた、、、気がする。

2019年2月 2日 (土)

大洞山

割石温泉から大洞山へ

1
昨年、ものすごい台風の影響か倒木が多い気がする。
2
予報より良い天気、良い事だ。
3
山頂への稜線
4
青空をバックにヤドキリを眺めながら大休止
5
さて、気合を入れてガンガン登ろう。
6
倒木が行く手を拒む。
7
大洞平を進む
8
ブナの門を進む。
9
門は狭くなる。ピークが近くなる。
10
御神木
11
山頂。いつ来ても静かでモノトーンの世界が、、、神の山。
12
腹ごしらえして
13
帰ろう。
14
大洞山スキー場を楽しみ、最後は割石温泉へドボン。ダイマンゾク”!!

« 2019年1月 | トップページ | 2019年3月 »