無料ブログはココログ

« 弥山(みせん) | トップページ | 大日平 »

2018年5月20日 (日)

白馬鑓ヶ岳

3時に白馬駅で高山のMさんと待ち合わせて霧雨が降る中、猿倉へ向かう。準備をして重荷を担いで林道から登山道に入って暫く進むと雪が繋がりスキーハイクに変更
1
雨が上がり明るくなる。今日はいい天気、気持ちも明るくなる。
小日向コルに乗るのに雪が繋がってそうな谷筋を進むも雪切れで
2
ツボ足にチェンジ。何とか雪渓に登るもこの後、再雪切れ、ふぅ~
Mさん曰く"ハプニングがあるから山は楽しい" そうだね!
3
コルに辿り着く。今日は雨氷が奇麗で気温が上昇すると氷のカケラが奇麗な音色で落ちる。
4
道のりは長いが頑張って頂を目指す。
5
烏帽子岩 横に飛行機雲
6
山頂への稜線へ、奇麗な雪面と青空がよろしい。ただ風がだんだん強くなる。
7
乗っかると爆風で進めない、立ってらんない。
0
写真は撮れる。これが5月か?
8
Mさんの誘導で風を避けトラパース、道なき道を歩む。
9
頂、山名柱の立派なエビの尾、バックに白馬、今日もMさんは終始元気。
10
ヘロヘロな自分
帰りは概ね登ったコースを滑る
Photo
山頂直下の小さな雪渓を滑り降り、切れたら徒歩で次の滑走場所を探す
11
鑓温泉へ向かってドロップ
12
コントロールしやすい良い雪質を滑る。
13
ココまでは快適な滑走が出来た。
14
小日向コルへの登り返しは辛い。けど、のんびり春山ハイクもいいね!
15
いつもタフなMさん、今日もありがとう。

« 弥山(みせん) | トップページ | 大日平 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/554237/66741122

この記事へのトラックバック一覧です: 白馬鑓ヶ岳:

« 弥山(みせん) | トップページ | 大日平 »