無料ブログはココログ

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月の投稿

2013年1月31日 (木)

大乗悟山590m

割山天湖森から大乗悟山へ。
今朝は放射冷却で駐車場近くは道路凍結でやや怖い。
週末降った雪が締まってサクサクとシールで登る。
滑りはオープンバーンがあったからそちらを頂く。
18408:40スタート
210 10:00山頂到着

3 山頂から
41020 さあ帰ろう10:20
5 下山途中。晴れて気持ちの良い里山だ。
6 今日の美味しい所
71111:00下山
8下の風呂屋から滑りトレースが見えた。
転ばなくて良かった。

行動時間は短いが近くで良い山だ。ちょっと体を動かしにジムにでも行った気分だ。そして見晴らしが良い。また行こう。今度はどか雪の後に。





2013年1月29日 (火)

洞山831m

R41細入村道の駅から洞山へ。
スタート9時とやや出遅れ、暫く登ると日も差し気温上昇で700m位からシールに団子が付き重くて辛い登りだった。
滑りはやや湿雪だったが、低山ならこんなもんか。楽しく滑られた。
19 9:00スタート
29409:40鉄塔横断
4700m10:30 700m付近
311 11:30山頂着
5 さあ帰ろう
12:20道の駅着

今日もマンゾク

2013年1月23日 (水)

赤谷の頭1070m

上市伊折橋から赤谷の頭(アカタンノズコ)1070Pまで。
今年は雪少ない。ザラメの上に昨晩の雪がうっすら被り良い感じの雪山だけど、美味しいパウダーを頂く事は出来ない。ザクザクとハイクして雪を切り開いて滑ってきた。

19 9:00スタート
2ガスが、、 何時のものかカンジキのトレース
3 暫くすると明るくなってきた
4 山頂近くで剱岳現る
5 山頂から11:40
6 最後の谷筋 12月23日に来た時より雪があり快適に滑った
7 最後の林道ショートカット 雪少ない
下山13:00 久しくピークが踏めてマンゾク

2013年1月19日 (土)

高峰山

上市町 種から高峰山957mを目指したが届かず920mまで。
18 スタート8:00
28骨原集落8:30
3850 大岩との分岐8:50
4大辻山との分岐10:00
511鍋冠山が見える11:00
6晴れてきた
61山頂までの稜線歩きは長くて疲れる
7920m12高峰山まで未だ遠い。ここで止めた12:00
8 さぁ~ 帰ろう。

標高差のわりに遠い山だ。疲れた。

   

2013年1月18日 (金)

横浜

16日~17日 横浜旅行。
久しぶりに横浜の友と会って楽しく過ごせた。

1 雪が残ってた。
寒い。雪山より寒いかも。

2013年1月13日 (日)

大高山1100m

猪谷から大高山へ。
同行はトヤマウンテンさん。
今日も楽しい山行でした。

1 スタート
2 天気良い
3 山頂到着
4山頂から
5boku  今年の衣装は地味

下山後、楽今館で風呂。島田食道でオムライス大。

2013年1月12日 (土)

笠尻山629m

上市町折戸から笠尻山へ
Photo 10:00スタート
Photo_211:30山頂着
Photo_3 山頂から
12:00ゴール

2013年1月 6日 (日)

割石温泉

神岡町割石温泉から大洞山1348m狙いだったが、まったく届かず722mで終了。
雪が少なく薮多し。開いてる箇所をガシガシ登るも谷は狭く小刻み切り返しで体力消耗。尾根に回ると薮パレードで立ち往生。
標高差300m、ハイク3時間 滑り10分、温泉1時間
マンゾク。
Photo 割石温泉スタート
Photo_2ハイク終了
Photo_3 滑りスタート
Photo_4 今日、一番美味しい所
Photo_5下から見た美味しい所

2013年1月 5日 (土)

天気良し

上市町骨原から高峰山予定だったが、西種から除雪最終地点に1台車が、、、。駐車出来ないから諦め。
伊折橋から赤谷の頭へ変更。何時もの林道をパスして直ぐ尾根に取り付いたが、途中で薮で止めた。まぁ~、こんな日もあるか。
1 スタート
2フィニッシュ
3 1時間、気持ち良くハイク。
次はもう少し長く行動しようっと、、、。

2013年1月 2日 (水)

洞山831.8

細入村道の駅から洞山へ。
今日は久しぶりにトヤマウンテンさんと一緒。
藪ラッセル、草スキー、沢下り、などなど。。。
すばらしい“山行”でした。

6:40スタート
Photo 薮ラッセル
Photo_3雪少ないなぁ~
Photo_4多少の薮、気にならん。
Photo_5山頂10時着
山頂は積雪2m。
Photo_6さぁ~滑ろう。

滑りは、藪が多く難儀した。おまけにルートがやや南にそれて沢下りまで経験できた。 色々あるから山は楽しい。

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »